harukuの美容室開業〜運営奮闘記☆

美容師歴12年の筆者の開業〜運営等の奮闘の軌跡です

美容室経営 考え方

9月に自サロンを開業したharukuです

 

おかげさまでオープンから割と忙しくさせて頂いてますが

来週の予約が1件と 悪夢のような週に突入します( ̄◇ ̄;)

 

 

帰り道ふと空を見ると

f:id:haruku1986:20190915200154j:image

 

満月🌕

 

公園で一杯やって帰ります

 

 

美容室経営について考えてたら

ふと乗り物を連想しました

 

harukuの現状のような1人サロン

 

・一輪車

 

スタッフ一人雇用すると

・アシスタントなら自転車🚲 

・スタイリストならバイク🏍

 

スタッフ二人以上雇用すると

電動三輪車

または

・自動車🚗

 

 

燃料=金

 

タイヤサイズ、性能=マンパワー

 

一輪車はもちろん燃料いらない、

方向転換しやすい 

長く走れるかは乗り手のスキル次第

 

バイクは燃費もそこそこよく走れるが

自動車ほどの性能(成果)はでない

 

自動車は

長く、早く走れるが

スペックによる 

ただし燃料(金)がかかる

 

ドライビングテクニックもいるし

スペックにも大きく左右される

 

 

こんなことをぐるぐる考えてました

 

 

harukuは今一輪車で必死こいて走ってますが、

2020年には バイク乗りたいなー、なんて

 

車で走るならハイブリッドで長くではなく

乗りたい車種、サイズ

で気の済むまででいいやー なんて

 

妻(美容師)が参入すると

嫌でもバイクに なりますが

 

小回りと加速、ウィリーで

自動車抜きたいなーなんてw

 

妻が加入する前にスタッフと

自転車でもいいんでトリック決めたいなー

なんて🚵‍♀️

 

 

そんなことを満月の下思いました

 

 

 

オープンして1/3ヶ月経過 小型サロンの現状

2019.9/1~美容室を開業したharukuです

 

あっという間というのかようやくというのか1/3ヶ月経過しました

現状や感じることを綴っていきます

 

  • ~9/11までの客数、売り上げ

  • 営業中の動き

  • 今後の考え

 

 

 

 

 

 

続きを読む

美容室開業にはきっと鋼のメンタルが必要です

こんにちは、

いよいよ美容室開業が迫ったharukuです。

 

早いものでいよいよサロンのオープン日が迫ってきました

とはいっても前職からのお客様は1日~来てもらってるので営業は数日しておりますが。。

 

少し不安だった1ヶ月の技術ブランクは全く問題ないです

やはり技術は『自転車の乗り方』と同じで2,3人したら蘇ります

 

ただ一番今気がかりなのが

 

メンタル

 

です。

おそらくこれはharukuの様に個人店でも

スタッフを抱える中~大型店でも経営者なら感じる心配事ではないでしょうか、、

 

プレオープン初日は挨拶、付き合いもあるので多くの人が訪ねてくださいました。

売上もあがり、

やべー、このままいったら小金持ちー、開業マンセー!!

なんて気持ちが少しでてきましたが

 

予約がない日、電話が鳴っても営業電話のみ、

開業の支払いばかりでゴリゴリ預金が減っていく日々が続くと

 

『なんてことをしてしまったんだ』

『このまま新しい顧客ができなかったら。。。』

『運転資金を生活費で使い続けてしまったら。。。。』

『あそこの美容室、綺麗なお店だけど全然流行ってない、かわいそー なんて思われてないかなぁ・・・』

 

なんてネガティブシンキング がぐるぐるしてきます。

 

harukuのお店は固定費をできるだけ抑えて損益分岐点をかなり抑えたつもりでしたが、

それでも人が集まらないと凄く高い壁に感じてきてしまいます

 

幸いまだプレオープン中で外出も多くするので

集客活動をしたり、気がまぎれることもありますが

今の時代の美容室の場合、成功するにしても時間がかかることが多く

アイドルタイムに行うこと、考える時間が増えるので

自分のネガティブに負けない【鋼のメンタル】が

経営者には必須だと痛感してます。

 

 

オープンまでの数日あがいてやりますよ!!!

テナントに問題発生!?  暗雲たちこめる。。。

またまたご無沙汰してしまいました、美容室開業をめざしているharukuです。

 

blogも書こう書こうと意識だけはしていたのですが、

開業準備と人生最後の夏休みの為どうしても優先順位が下がってました、、

 

これから自営していく中でやはり

・マイルールを遵守する

というのは凄く大事だと考えています

 

仕事時間や休みを個人で判断していくので

・働きすぎて健康を損ねてもダメ

・働かなさ過ぎて赤字になってもダメ

・お客様の集客ができなくて焦って安売りしてお店のコンセプトを見失わないように

(こんな人間ですがこれまでの経験を活かして 高単価上質サロン目指してます)

 

とマイルールを考えてましたがブログに関しても何かルール決めしますね(;^ω^)

 

 

本題にはいりますが

開業準備も商材や備品を揃えたり、手続きをしたりと進めていたんですが、

なんと工事前日に

 

漏水発覚。。。。。。。。。。

 

上の階から壁を伝って謎の水たまりができていました。。

 

f:id:haruku1986:20190822060842j:image

 

↑これは後日に撮影しましたが水が垂れた跡

 

 

 

慌てて大家さんに電話すると

『やぱりですかぁ。。。業者には一度見てもらったんですが』

 

知ってたんかいワレーーー!!!!

 

不動産屋にも電話したら

『まだ直ってなかったの?8月までに直しとくいってたのに。 うちは関係ないから双方で解決してね』

 

ワレも知ってたんかーーい!!!!!!

 

いや、むしろ契約までに申告しなきゃダメでしょそんなん

これでこのまま直らずになんか問題出てきたら法的バトルも考えないといけない事態でしょ

 

契約一週間でもう移転したくなりました

 

そっからは軽く鬱な日々ですよ、

個人で水回りトラブルの業者、はたまた訴訟事例を調べてみたり

その場合の責任を調べたり

内装業者に事情を説明して段取り変えてもらったり

大家さんに『修理してくださりましたか?』と催促の電話をしたりと

 

先日ようやく上の階の

キッチン排水の修理を 完了してくださったので今は止まってますが

格安テナントの洗礼を受けましたね

 

でも色々調べてたら

【テナントとして貸す以上、問題なく運営できる前提で家賃が発生するので、施設側の要因のトラブルは大家にかけあうべし】

 

という意見に後押しされ交渉できましたが、泣き寝入りや修理を押し付けられるとたまったものじゃないですね

 

やはりテナントを決めるのは いろんな角度、日時、状況を見てから

 

そう学んだharukuでした

ブログも頑張ります

 

 

 

 

火災保険、賠償責任保険 美容室開業

ご無沙汰しています、美容室開業をめざしているharukuです

f:id:haruku1986:20190618203838j:plain

 

早いもので前回の記事より一ヶ月でブログ更新滞ってますよ~ と

Hatenaさんからの呼びかけで 置いていた筆をやっと握れました

 

前回の融資の件

 

haruku1986.hatenablog.com

 から日時指定をして本日の午前にきちんと振り込まれていました☆

 

融資金額から振り込み手数料を引いて

団体信用生命保険 通称 団信 加入の方は初年度の保険料も引いた金額)

 

harukuは個人の生命保険で厚く入ってるのでご遠慮しましたが、

公庫から借り入れする事業主の40%程の方は加入するみたいです。

 

 

 

少し関与するのですが今回は保険のお話

 

自営をする中で2つの保険を契約することにしました。

 

 

①火災保険

こちらは大体テナントを借りる方は大家さんからも条件で必須が多いのですが

加入の必要があることが多いです。

 

大家さんも建物でかけている場合が多いのですが

ざっくりいうとなんと消防法では

 

他の部屋から出火した場合でも自分の部屋は自分のお金で

自分が出火して他の部屋に迷惑をかけた場合も自分の部屋分のみ自分のお金で

修繕する  のが決まりみたいです。

 

そうなったときに自分の部屋の修繕費

大家さんからの請求される建物の修繕費 

これらを保証する借家人賠償保障  こちらに入らないといけないことが多いです。

 

harukuが加入した保険も

 

店舗総合保険で 火災保険+建物、什器の保険+借家賠のオプションでした

 

火災保険は建物の等級、大きさで固定

什器の方は保証金額で年間保険料が変わります。

今回は500万円までの保証プランにしました。

 

これらの契約で2年で約11000円 支払ってきました。

 

②賠償保険

こちらは理美容版で加入予定で

・店舗の管理不十分で第三者(お客様)に損害を与えてしまった場合

・施術ミスでケガを負わせてしまった場合

・預かりものの紛失

・販売したものによるアレルギー保障

・プライバシー侵害などのクレーム

等を保証する保険。

 

おこるのはごくまれ(だと思いたい)事柄ですが、

訴訟に発展したりしやすい事柄ですのでサービス業からしたら入っておきたいですよね

 

ましてや美容室は化粧品を扱うところ

合う、合わないはほんとにありますし予測できないところもあります。

 

これらは入ってる美容室、入らない美容室と別れるところで

費用はやはり割高です

 

harukuの美容室スペックでは最低額でしたが

年間約15000円

程もかかります。

 

心配症な性分なので入りますが( ;∀;)

 

 

双方の保険を合わせると約年間20000円

 

これに従業員を雇用するとさらに

保険料や雇用保険がかかってくるのでしょうね。。。

 

使う機会が無いほうが有難い、お守りみたいな保険ですが

大家さん、お客様、家族の皆様にご迷惑を少しでもかけないため

ここは投資します

 

 

美容室運営 お金がかかりますねー

当初の予定の損益分岐を着々更新してますw

 

このブログでは経営が始まってからのリアルな損益分岐点、収支も更新して

自分の記録、戒め、更には後進の方々への糧 にしてもらいたいので晒していきます

 

他にも通信系、レジ系、ディーラー系のやり取りも更新していきます

 

9月オープンにむけ迫ってきましたのでピッチ上げて活動 更新していきます。

 

公庫からの借り入れ③

こんにちは 美容室開業を目指している harukuです。

 

昨日以前面談に伺った

日本政策金融公庫 様の審査結果が出ました。

 

haruku1986.hatenablog.com

 

 

税理士さんに聞いた話や、ネットの情報でも 

【審査時間は2週間前後】

【公庫の方々は平日勤務の公務なので週初めの面談の方が結果がスピーディー】

と伺っていたのですが改めて振り返ってみます。

 

 

僕が実際公庫の方と面談したのは

6月11日の火曜日 午後

 

審査結果を知ったのは

6月21日の金曜日 午後 でした。

 

早かったですね('ω')

 

当人からすれば融資がおりないことには商談、事業の計画がまた1からになるので

ソワソワした毎日を送っていて、凄く永く感じてしまいましたが。。。

 

着金はまだ契約書類を作成して送ってからなのでまだ日にちがありますが、

審査が10日程でスピーディーに完了した理由を考察していきます。

 

まず申し込んだ窓口が公庫の中でも特定機関からしか申し込めない

中小企業経営強化資金 で申し込んだのが1番かなと思います

 

その理由は、

・まず 認定機関(今回は税理士事務所)経由で申し込むので審査結果が

電話で 公庫→税理士 税理士→僕 と伝えられた為

 

基本個人で申込むと審査結果が電話ではなく、書類で公庫から郵送される

とのことです。

 

公庫からの電話は審査中に 不備がある場合、質問事項がある場合のみかかってくる

みたいでした。 

僕は幸いかかってこなかったですが、

結果を早く知りたく電話が鳴ってほしい気持ちと

円滑に審査してもらってると信じて 電話が鳴らないのを祈る気持ちがありました

 

・もう一つの理由はやはり申し込んだ認定機関と公庫との関係が強かった のかなと思います。

 

美容室の開業融資、経費代行事業に力を入れている機関だったので、

成功例も多く、公庫の支店も毎回同じ支店で信用と信頼関係を長年築いています とのことでした。

僕個人は融資にあたって少しネガティブポイントがあったので凄く心配してましたが

税理士さん的には、成功する自信に満ち溢れていた感じもしました。

その分 税理士さんへの報酬が中々の額ですが、、、、(・・;)

 

 

結果、無事満額の融資がおりることになったので資金面は都合がつきそうなので

少し遅れている 内装業者  とのやりとりを早急に進めていきます。

 

こちらが今少しややこしいことになってるのでまた整理して更新していきます。

 

 

公庫からの借り入れ②

こんにちは 美容室開業を目指しているharukuです

 

前回の記事で開業にあたっての資金調達の種類について書きましたが今回は harukuが実際に申し込んだ話をしていきます

 

 

 

f:id:haruku1986:20190612205435j:image


f:id:haruku1986:20190612205432j:image

 

f:id:haruku1986:20190612205453j:image

 

 

資料を一見してもちんぷんかんぷんではないでしょうか⁉️

 

一口に創業融資といえども沢山の種類があります

 

個人で申し込みできるもの

認定機関からでしか申し込みできないもの

担保が必要なもの

年齢制限があるもの

 

今回harukuは 美容関係に強い税理士さんに縁あって依頼させて頂けたので

 

認定機関からの窓口のみである

中小企業経営力強化資金

で申し込みさせて頂きました。

 

認定機関の経営指南が必須になってくるため

2期分の決算報告は 認定機関を通すこと

 

が条件だったとは面談当日に知りましたがw

 

 

○個人で申し込みするよりも認定機関から必要書類の準備、事前に公庫への連絡がとられているため 当日の面談が非常にスムーズ

 

○認定機関の事務所で税理士同席のもと面談が行えるので精神的にも落ち着いて面談できる

 

○実績と信頼を培ってきた認定機関なら公庫との信頼もあり依頼者の信頼度が増す

 

等の理由で経費はかかりますが(お世話になったところは 成功報酬型で 融資の3.5%〜5%)

 

依頼することにしました。

 

 

harukuのカードローン履歴が無ければ自分で申し込みしたかもしれませんが、

やはり資金でつまづくと前に進めれなくなるので経費がかさんでしまっても成約率を上げるべきだと自分に言い聞かせながら

 

 

美容業等技術職で金融履歴も真っ白なら自分で申し込みしても大丈夫かなという印象も感じましたが

 

審査結果は1〜2週間で届く

何かひっかかることがあれば直接電話📞がかかってくるとのことですので

 

📞が鳴らないことを切に願いながら結果をお待ちしたいと思います。